メイン

防音 アーカイブ

2007年05月12日

ダイケンショールーム

行って来ました。

建築会社が防音関係はダイケンを使っているとのことだったので、
早速現地に出向いて防音室の試聴。

今回は防音室内部の吸音・遮音処理よりも
防音室外部への音の漏れ方のチェックがメイン。
(というより忘れてた(^_^;))

防音室内には大きなオーディオ機器があり、
スイッチひとつでさまざまなオーディオソースを聞くことが出来る。
今回はピアノソロとロック系のバンドものを聞き比べ。

内部では結構な音量(90dBだそう)で鳴らしておいて、
防音室の外に出てみると…。

あれだけうるさかった音が、外で普通の声で会話しても
影響がないぐらいに小さくなった!
音がゼロになるわけではないけれど、
ほとんどは防音ドアから漏れる音が多いようで、
ドアを二重化するなどの対策をすれば音漏れはほとんどなくなりそう。

うちの場合だと、外にさえ聞こえなければ
家の中に少しぐらいなら漏れてもいいと思っているので、
ドアの二重化まではしないかな。

あと、外に漏れるのは主に低音なので
ボーカル録りをするぐらいなら夜間でも出来そうな雰囲気。
大音量でのモニターチェックとかはさすがに深夜とかは
出来るかどうかなんともいえないけどね。

グレード毎の実際の効果も確認出来たのでよかった。
ついでに建材なんかも展示してあったので見学。
なかなか楽しかったです。

2007年05月13日

防音グレード

ダイケンは防音のグレードというのが3段階あって、
グレードが上から順にS、A、Bとなるらしい。

簡単に言うと、

Sは100dBを超えるもの(ホームシアター、ドラムなど)
AはS以外の音楽的な防音(生ピアノ、オーディオルームなど)
Bは車や電車、工事音などの生活防音や簡易的な音楽防音
(リビングシアター、寝室)

だそう。

で、うちはというと、
今の予定ではA(40dB)をベースにして壁と天井厚をさらに倍にし、
床にはコンクリートを追加する予定。
効果としてはS(50dB)とA(40dBの中間ぐらいになりそう、とのこと。

費用はSにするとAの倍以上(!)になるらしいので
このような仕様とするとのことです。
壁が厚くなる分、部屋は狭くなるけど、その分いくらか増床してもらう予定。
増床してもSにするよりはいいかと。

ただ、まだ専門のアドバイザーの意見は聞いていないので、
実際のところはそこで相談して決めると思います。
もしかしたら仕様の変更もありうるかも。

やっぱり防音はお金がかかります。
まだそれでも安い方だとは思うけど。

2007年07月17日

防音グレード

防音室の仕様ですが、変更になりました。

今までの打ち合わせではダイケンA防音で作る予定でしたが、
ダイケンから上がってきた仕様書はなぜかB防音。

そんなもんあっても意味ねーよ!!
ということで、いろいろ話し合った結果、
結局S防音仕様で作ることになりました。

S防音はダイケンの防音室としては一番上のグレードとなります。
これで一般的な用途はもちろん、日中であれば
管楽器を使ってもほとんど大丈夫だと思います。

ほかにも防音や遮音だけではなく、吸音や調音、
残響時間の調整や音響シミュレーションなど
検討するべきことはまだまだあります。

それにしてもこの仕様、防音ドアだけで55万って…。
なんでこんなにするんでしょうねぇ~。。

2007年09月27日

防音室打ち合わせ

07092702.jpg

ダイケン本社から防音の専門家が来て、打ち合わせを行いました。

打ち合わせの流れですが、まずはヒアリングを行います。
音楽活動の内容や使用する楽器、使用する時間帯、
防音室の用途などを細かく聞かれました。
その後に防音の概要についての説明がありました。

説明を聞いた後、ショールーム併設の防音室を使って
実際に使う音量を耳で確認しながら出してみます。
そしてそれが何dBになるのか、また、防音室の外では何dBになるのか、
測定器を使って性能を耳と目で確認します。

こうすることで、自分が普段出している音が何dBくらいなのか、
また、外に漏れた場合、その音が何dBくらいになるのか、
実際にはどこまで出せるのか、などなど、
カタログに記載されている数値でしかでしかわからなかったものが
だいぶイメージできるようになりました。
それを踏まえて実際に細かい仕様部分の打ち合わせをしました。

終わってみた感想は、なかなか中身のある内容でした!
さすが専門の担当は違うなと感じました。
本社から来た防音担当は20年のキャリアで、 これまでにもレッスン室やスタジオなど
様々な物件を担当してきたようです。
結構突っ込んだ内容で要望や質問を出したんですが、
どれにも的確に答えていたのはさすがでした。

もうすでに着工してしまっているので時間はないんですが、
内部の防音や吸音、遮音の設計をどうするか、 またどう言った仕様にするか、
基本仕様は決まっているんですが、仕上げや味付けなどの細かい部分は
まだ決まっていません。
カタログを見ながらもう少し考えたいと思います。

2007年10月10日

壁紙

防音室の壁紙で悩んでいます。 そんなに派手なことは出来ないけど、どこかにカッコイイプライベートスタジオの写真なんかないですかね?もちろん実現出来そうなもので(笑)。 もしいいのを見かけたら教えて下さい!

2008年01月05日

電源環境

引っ越してから初めてシンセの音を出してみました。

出すとは言っても、ヘッドホンを使って出してみたんですが、
やり始めてすぐに、「!?」となりました。
以前とは明らかに違う!

ヘッドホンレベルでの話なので、部屋自体の性能はまったく関係ないんですが、
明らかに音がよくなっているんです。
これはいったい…。

続きを読む "電源環境" »

2008年01月07日

アース

前回の電源のお話の続きです。

機材やオーディオ類をいい音で鳴らすためには、いい電源のほかにいいアースも必要とします。
ということで、せっかく単独回路をひいたので、アースにもちょっと手を加えることにしました。

続きを読む "アース" »

2008年06月13日

プライベートスタジオ全景

防音室の写真を見せろ!という声があまりにも多いので載せることにしました。
現時点でのうちのプライベートスタジオです。

続きを読む "プライベートスタジオ全景" »

About 防音

ブログ「masa@azureの音楽職人日記」のカテゴリ「防音」に投稿されたすべてのエントリーのアーカイブのページです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のカテゴリは間取りです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。